カテゴリ: 📚未分類

きつねくぼで行われている山林の伐採作業は、お天気にも恵まれ順調に進捗している模様。
4月25日からは、「玉切り」した材木の積み出し作業が始まりました。「玉切り」というのは、伐採した樹木を規定の長さに切断して丸太にする造材作業のことです。

ここでも重機パワー炸裂です。いとも簡単に巨木の枝を払って、凄い速さで「玉切り」していきます。
01

こちらの2台の連携作業がとてもすばらしい。正に芸術的、というか恋人同士みたい(笑)
03

とくにこのユンボのアームに付いているアタッチメントが凄い。
04

近くで撮影したものがこちら
05
これで、太い幹を挟んで移動させながら枝を払って、かつ玉切りまでしちゃいます。人の手でやっていたらどれだけ時間がかかるかわからない作業が、こいつならあっという間です。

玉切りした材木は、こんな重機も使って一ヶ所に集めていきます。
06

みるみるうちに、こんなんですわ(笑)
07

その後、手際よく木材運送用の20トンの大型トラックに積み込まれます。
08
これなら伐採作業も、まもなく終了ですね。重機パワー、マジで恐るべし!!

↓↓↓作業の様子を動画に撮ってみました。(4分弱の動画です)


【本日のオマケ】
この伐採作業とは別に、隣の山でも伐採作業が行われました。そこは自治体が所有する山林なんですが、その立ち木が成長しすぎて、きつねくぼ名物の「太平洋の眺望」が悪くなってしまっていたのです。スーパー爺ちゃんが役場と掛け合って立ち木を購入。自分で伐採したのですが、一部残っていたヤツを役場で倒木整理のついでに伐採してくれたのです。

これが良く見えるようになった「きつねくぼから望む太平洋」で~す。
09 taiheiyou
実際に伐採したのは役場が依頼した専門の業者さんでしたが、そこまでご配慮くださった役場の担当の方には感謝しかありません。ありがとうございました。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました🙇
「👏拍手ボタン」と合わせて下記のバナーもクリックして頂けると嬉しいです。
とても励みになります。
◆にほんブログ村⇒ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ いきいきオヤジへ

◆人気ブログランキング⇒ 
 

きつねくぼで行われている送電線工事のための伐採作業ですが、土日はお休みの模様。作業員の皆さんは、きつねくぼから約2kmくらいのところに設けられた「送電線工事関係者のための宿舎」で寝泊まりしているとのこと。やっぱり週末は家族のいる自宅に帰りたいですよね。私もサラリーマン時代に単身赴任を経験しているので、そのお気持ちは痛いほどわかります(笑)

ということで4月22日(土)、休工中の山をパトロールしてみました(笑)
01
あそこを目指して、レッツらゴーじゃ!!

おっと、道路には作業を周知する幟も立てられていました。
02

えっちら、おっちらと登って到着で~す。
03
これまでの現場の写真は、あの矢印の場所から撮影していました。

ここが伐採した土地の中では、一番高い場所付近です。
04
あの矢印の付近に送電線の鉄塔が立つみたいですね。ここからあの奥の方まで「索道」を作って資材を運搬するらしいです。
↓↓↓索道というのはこんなヤツです。
30

結構な大工事ですね。ここまでして送電線を作るのか・・・。
やっぱり電気は儲かるんですねぇ。
05

こちらは伐採されたスーパー爺ちゃんが昔植林した木の切り株です。
06
幹の太さを感じて欲しかったのですが帽子じゃよくわからないか(笑)
07
今度は私の手と比べてみましょう(笑) 結構な太さに成長していたんですね。
08
ついでに、あそこに置いてある重機も見学していきましょう。

うわぁ~、間近で見るとデカっ!!
10

この大きな蟹の爪のようなヤツで、1t以上もあるような大きな木を挟み軽々と扱っちゃうんですね。
11

う~ん、やっぱデカいしカッコいいな。「きつねくぼ4号」とは大違いじゃ(笑)
12

おっと、あれはカメラだな。
13
死角をなくすことが安全作業のためには必須ですもんね。

今後作業が進むにつれて、どんな風に変わっていくんでしょうね。
14
チャンスがあったら、またレポートしたいと思います。

【本日のオマケ】
↓↓↓せっかくなので動画も撮ってみました(笑)


本日も最後までご覧いただきありがとうございました🙇
「👏拍手ボタン」と合わせて下記のバナーもクリックして頂けると嬉しいです。
とても励みになります。
◆にほんブログ村⇒ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ いきいきオヤジへ

◆人気ブログランキング⇒ 
 

先日の大寒波で壊れてしまった離れの水回りの修理が完了して、調子に乗っている「きつねくぼ工務店」の親方のtokuchanです(笑)

実は、これを機会に母屋の台所の混合水栓も取り替えようかと考えていたのです。母屋の台所はとても古くて、水回りも劣化が進んでいます。シンクの混合水栓はレバーを閉めても水が滴るような状態。離れのお風呂の混合水栓を手配する際に、こちらの分もいっしょに注文しておいたのでありました。

こちらが現状の混合水栓です。
suisenn01
だましだまし使ってきましたが、もう限界かなと(笑)

そしてこちらが今回手配した混合水栓。
suisenn02
メーカーも違うので、本体だけの交換ではダメです。台所に来ている大元の水道と給湯機の配管のところから取替が必要です。果たして上手くできるでしょうか?

まずは水道の元栓を閉めるのですが・・・
suisenn03
コレを見つけるのに一苦労でした。だって、土に埋まってたんですもん(笑)

準備した道具類がこちらです。
suisenn04
緑色のヤツは「シールテープ」といって、配管と混合水栓のつなぎ目から水漏れしないようにするためのものです。つなぎ目のネジ山に巻き付けて使います。

一番苦労したのが、古い混合水栓の取り外しでした。配管との接続部分が固くしまっていて、ひ弱なtokuchanの力ではビクとも動きません。スーパー爺ちゃんに相談したところ、大きなモンキーレンチと金づちを持ってきて、「ガンガン!!」と力ずくで叩き始めました。元の配管が壊れてしまうんじゃないかとハラハラしましたが、この強硬策が功を奏し、なんとか取り外しに成功しました。
suisenn05
配管部分は劣化が進んでいてこんな状態でした。

歯ブラシを使い、配管内部のネジの部分を丁寧に掃除します。
suisenn06
この作業を怠ると水漏れの原因になるらしいです。

次に配管に接続する部品に「シールテープ」を巻きつけます。
suisenn07

それを配管に接続。
suisenn08
右回りで取付けますが、一度でも戻そうとしたりして左に回してしまうと、シールテープが破れて、その効果がなくなってしまうので、取付位置に合わせるように慎重に回していきます。

そんなこんなで約1時間、やっと新しい混合水栓の取付完了です。
suisenn09
おっ、ちゃんと水もお湯もでます。ふぅ~、とりあえず大成功ということで・・・

と思ったら「なんじゃ こりゃぁ~!!」
suisenn10
なんと、水道の接続部分から、僅かですが「水漏れ」が発生しています!! くっそぉ~っ! こんなに苦労して取付けしたのにぃ~😭😭😭

何が原因なんだかわかりません。シールテープの巻き方が足りなかったのかなぁ・・・。
今度は、こういう作業に詳しい弟に連絡をとって聞いてみました。

すると「配管内部のネジの部分の掃除をもう一度やってみた方が良い。それも歯ブラシじゃなくて金属ブラシも使って丁寧に」というアドバイスをもらいました。

運よく金属ブラシはスーパー爺ちゃんの作業場にありました。
suisenn11
その金属ブラシと歯ブラシを使い、食器洗い用の洗剤も使って、再度ゴシゴシと丁寧に掃除を。その後、シールテープを前回よりも一巻多くしっかりと巻いて、再度取付けてみると・・・

♪てっててぇ〜(笑)
suisenn12

今度は水漏れしてません!!
suisenn13
はぁ~、良かったぁ。さすが我が弟じゃ(笑)

ということで、母屋と離れの混合水栓取替作業は全て完了しました。
でも、母屋の方は水回りも含めて、色々な部分にガタが来ています。電気温水器の調子も悪いし、ガスとの兼用で光熱費もバカになりません。本当はトータルで全て見直ししたいのですが、お金の問題もありますし、何しろもともと古い建物なので直し始めたらキリがありません(笑) 母屋を取り壊して、新しい離れの建物に生活拠点を移すという方法もあるのですが、思い入れのある母屋を壊すなんてことは、スーパー爺ちゃんが了承するわけないと思われます。やるにしても離れのリフォーム代はすごい金額になるでしょうしね。これから先のこと、いろいろ考えると夜も眠れないtokuchanなのでありました(笑)

本日も最後までご覧いただきありがとうございました🙇
「👏拍手ボタン」と合わせて下記のバナーもクリックして頂けると嬉しいです。
とても励みになります。
◆にほんブログ村⇒ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ いきいきオヤジへ

◆人気ブログランキング⇒ 
 

こんにちは! 迅速で丁寧な仕事でお馴染み。実績と信頼の“きつねくぼ工務店”のtokuchanです(笑)

本日は、先日の大寒波でやられてしまった離れのトイレの手洗い水栓とお風呂の混合水栓の修理をしたいと思います。

↓↓↓大寒波の被害はこちら


発注していた部品が全て揃ったので、さっそく取り掛かります。
本来ならアシスタントがいると作業が楽なのですが、残念ながらここには「お金は出さんけど、口は出す」スーパー爺ちゃんしかいません(笑) たぶんイラっとする発言が出るのは間違いないので、1人で作業することにします(笑)

離れの水道の元栓を閉めて、まずはトイレの手洗い水栓から作業を始めます。

こちらが取り寄せた部品です。
toire01

toire02
こんなに小さいヤツなのに、送料込みで約3,000円くらいします。

これを壊れた部品を外した場所へはめ込んで・・・
toire03

レバーを取付ければ完成!!
toire04

のはずが・・・
元栓を開けてみると、また隙間から水が噴き出してしまいました😭
えっ? なんで? ちゃんと説明書どおりに取付けたつもりなんですけど・・・。
仕方がないので、一度ばらして再度やり直してみたところ・・・
がぁ~ん!! ダメじゃん!! なんでじゃ??

もしかして取り寄せた部品が間違っていたのかなと考え、保管しておいた壊れた部品を確認してみることにしました。
すると・・・ あれ?? なんじゃこの金属の指輪のようなものは・・・
toire05
この部品は取り寄せたヤツには入っていませんでした。

ということは、部品とレバーの間にコレをかませればいいのかな?
やってみましょう。
toire06

まぁ、なんということでしょう!!(笑)
toire07
トイレの手洗い水栓の修理、終了しました!! 壊れた部品類を捨ててなくて本当によかったです(笑)

続いてはお風呂の混合水栓の修理に取り掛かります。
こちらは修理といってもサーモスタット水栓の本体を交換するだけなので、それほど難しくなく出来そうです。

これが取り寄せた部品です。
furo01
壊れたヤツと同じメーカーの同等機種なのでシャワーの部品や配管の部品はこれまでの物を使います。なので実際には水栓の本体しか使いません。

始めに壊れた水栓を外します。
furo02

ナットが傷つかないようにあて布をして慎重に・・・
furo03

外れました!!
furo04

ここからシャワーの部分を外します。(外したシャワーは再利用します)
furo05

新しい混合水栓に先ほど外したシャワーを取付けます。
furo06

それをお湯と水のパイプに元のように接続すれば完成です。
furo07
これは一発で上手く行きました!!

給湯機の点検も兼ねて、お風呂に湯を張ってみました。
furo08
うん、大丈夫。問題ないみたいですね。

せっかくなので太平洋を眺めながら“ひとっぷろ”浴びちゃいましょう(笑)
furo09
♪いい湯だな~ あははん♨

ということで、一仕事終えた後のお風呂は最高でした!!(笑)

【本日のオマケ】
きつねくぼ工務店が過去に実施した作業事例を抜粋してみました(笑)
◆2020.09.14

◆2021.12.17

◆2022.01.10

◆2022.01.14

◆2022.03.18


本日も最後までご覧いただきありがとうございました🙇
「👏拍手ボタン」と合わせて下記のバナーもクリックして頂けると嬉しいです。
とても励みになります。
◆にほんブログ村⇒ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ いきいきオヤジへ

◆人気ブログランキング⇒ 

昨日(2月5日)は、ポカポカ陽気といってもいいくらいのお天気に恵まれた“きつねくぼ”です。

これ幸いと、朝早くから掃除洗濯を行いました。
久しぶりに離れの建物も空気の入れ替えと掃除をしようかなと、水道凍結防止のため水抜きをしていた元栓を開けたのですが・・・

ギャー!! なんじゃこりゃぁ~!!

なんと、トイレの手洗い用の水栓と浴室の混合栓から水が噴き出してきました。
いったい何が起こったんじゃ? 慌てて再度元栓を閉めて点検してみたところ、どうやら内部に水が残っていたところが凍って膨張したことが原因なのか、プラスチックの部品を壊してしまっていたようです。

スーパー爺ちゃんに報告すると「じゃぐじは あげどいだんだっぺ?」通訳すると「蛇口は全て開けておいたのですね?」と。実はキッチンと洗面台は開けておいたのですが、今回壊れた部分は開けてませんでした。水抜きするなら2カ所も開けておけば大丈夫だろうと思っていたのです。実際、昨年はそれで大丈夫だったのですが、今回の寒波は凄かったということなんですかね。

しかし、いつまでもがっかりしている訳にもいきません。「きつねくぼ工務店」久しぶりの出動です(笑)
業者に依頼すればかなりの金額がかかると思われます。自分で直せるならそれに越したことはないので、いろいろ調べてみました。

こちらがトイレの手洗いユニット。
suisenn01
カタログの写真ですみません(笑)

で、これが壊れた水栓です。
suisenn02

まず、レバーを外してみました。
suisenn03

中の部品を取り出すと、やはり粉々に壊れています。
suisenn04

ネットでいろいろ検査してみた結果、どうやら「開閉ユニット」という部品らしいです。
suisenn05
この部品のみの取り寄せ可能ということで、さっそく「TOTOのパーツセンター」というところへ注文しました。

そしてこちらは壊れた浴室の混合栓です。
suisenn06

suisenn07
これも同様に中にたまっていた水が凍って壊れたもよう。
suisenn08
プラスチックの部分が粉々になっています。

これもネットで検索して同一メーカーの同等品をAmazonで発見。
suisenn09
さっそくポチっとな。

部品の注文は終了しましたが、果たしてうまく施工できるのでしょうか・・・
信頼と実績の「きつねくぼ工務店」の腕の見せ所ですね(笑)
結果は後日ご報告させていただきま~す!!

それにしても・・・「大寒波めぇ~!!」(笑)

本日も最後までご覧いただきありがとうございました🙇
「👏拍手ボタン」と合わせて下記のバナーもクリックして頂けると嬉しいです。
とても励みになります。
◆にほんブログ村⇒ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ いきいきオヤジへ

◆人気ブログランキング⇒ 
 

↑このページのトップヘ