カテゴリ: 🍳お料理

昨日のブログにも書きましたが、お彼岸ということで弟の家族がきつねくぼを訪れてくれました。
その際、色々とご馳走を持参してきてくれたのですが、食べきれずに余ってしまったものがありました。

↓↓↓こちらです。
001
そうです。お刺身。

冷蔵庫に保管しておいたものを翌日食べようと思ったのですが、ただ食べるのも面白くないかなということで、スーパー爺ちゃんの昼食用に「スペシャル海鮮丼」を作ることにしました(笑)

でも、どうせ作るなら本格的にやりたいのが「孤tokuのスーパーシェフ」(笑)

よし! 卵焼きを作るぞ!!
普通なら卵を3個くらい使って作るのですが、スーパー爺ちゃんの昼食のためにそこまでの贅沢はできません(笑) なので卵1個でチャレンジです。

お寿司屋さんの卵焼きの味に近づけるために、卵と砂糖、ミリン、酒、白だし、塩を混ぜ合わせ、チマチマと作ってみました。
002

卵1個でも良い感じに焼けましたよ(笑)
003
大成功ですね👍

次に酢飯を作ります。
ボールにご飯を入れて・・・
004

「すし酢」を合わせてチャチャっとな(笑)
005

良い感じの酢飯が出来ました。
006

その酢飯を器に盛り、刻んだ海苔をパラパラと。
007

後は、お刺身と玉子焼きを盛り付けたら「孤tokuのスペシャル海鮮丼」の完成で~す。
008
わぉ~、お店のヤツみたい(笑)

せっかくなので味噌汁も付けることに。
009
その日の朝は「鰹だし」だったので、お昼の味噌汁は「煮干しだし」にしてみました。あっ、もちろん顆粒のヤツですけどね(笑)

昨日の残り物のお刺身とは思えない出来栄えに仕上がりました(笑)
010

合わせる味噌汁もバッチリでした。
011

当のスーパー爺ちゃんは、飢えた獣のようにがっついていました(笑)
なにはともあれ残り物を有効活用できて良かったです。

【本日のオマケ】
海鮮丼に使おうかなと庭に大葉を取りに行ったら、なんと花が咲いてました!!
100

101

小さい花ですが、大葉の緑のおかげでとても素敵に見えますね。
102

それからきつねくぼでは、お彼岸に合わせるように「彼岸花」も咲き始めました。
201

202

203

毎年同じ感想を言っているような気がしますが、やっぱり彼岸花は神秘的ですよね。
204
今どきの夕暮れ、ひとりの時にこの花を見かけるとちょっと怖いというか不気味な感じがします(笑)
205

本日も最後までご覧いただきありがとうございました🙇
「👏拍手ボタン」と合わせて下記のバナーもクリックして頂けると嬉しいです。
とても励みになります。
◆にほんブログ村⇒ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ いきいきオヤジへ

◆人気ブログランキング⇒ 
 

本日の話題は「漬物」。

今年の8月14日のブログで紹介していた「ぬかみそ この袋で付けるだけ!」。


簡単に「ぬか漬け」が作れちゃうという便利商品。あれから一ヶ月ほど経過しましたが、ここにきて糠床が馴染んできたというか、こなれてきた感じで良い具合に育ってきています(笑)
なので、何を漬けてもホント美味しく出来る状態。

今朝はキュウリを取り出しました。
003

切ってみるとご覧のとおり。中までしっかり漬かっています。
004
これがしょっぱ過ぎることもなく、ご飯のお供に丁度いい具合の塩加減。私としてはご飯のお供というよりは晩酌のアテとしていただきたいと思います(笑)

キュウリを取り出した後は、ニンジンとナスを入れました。
005

チャックをしっかり締めて冷蔵庫へ。
006
明後日にはまた美味しいぬか漬けが食べれます。本当にこの「ぬかみそ この袋で付けるだけ!」はコスパの良い優れもの商品ですね。

漬物と言えば、今日はこんなヤツも作ってみました。
001
「大根のパリパリ漬け」です。

作り方はいたって簡単。大根は厚さ1cmくらいの銀杏切りにしてボールに入れておきます。漬け汁の材料は、醤油、酢、砂糖、輪切りの鷹の爪。それらを鍋に入れて沸騰させたら大根の入ったボールに入れます。よくかき混ぜたらそのまま放置。粗熱が取れたらタッパーに移して冷蔵庫へ。半日に1回程度掻き混ぜればなお良し。翌日には美味しく出来上がります。
002
飽きの来ないシンプルな味+パリパリ、ポリポリの心地よい食感。病みつきになること間違いなし。

今日、弟の家族がお彼岸ということできつねくぼにやってきたのですが、この「大根のパリパリ漬け」をお出ししたところ大好評でした。

それから漬物ではないのですが、こちらの「とくちゃん天ぷら」も人気でした(笑)
007
きつねくぼ産のカボチャの天ぷら。そして弟が栽培した玉ネギの天ぷら。玉ネギの天ぷらは玉ネギと紅ショウガを一緒に揚げてみました。玉ネギの甘さと紅ショウガの酸っぱさのハーモニーが後を引く美味しさとなっております(笑) 実はこのメニュー、行きつけの居酒屋さんで食べたのが美味しかったのでマネをしてみたのですが大成功でした。

もちろんお世辞も入っていたとは思いますが、作った物を「美味しい、美味しい」と食べてもらえると嬉しい。次もご満足いただけるものをお出しできるよう精進したいと思います。ご来店ありがとうございました(笑)

本日も最後までご覧いただきありがとうございました🙇
「👏拍手ボタン」と合わせて下記のバナーもクリックして頂けると嬉しいです。
とても励みになります。
◆にほんブログ村⇒ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ いきいきオヤジへ

◆人気ブログランキング⇒ 

今回のきつねくぼ亭も、喜多方市にある「道の駅 喜多の郷」で購入してきた五十嵐製麺の「喜多方ラーメン」シリーズのご紹介です。4種類の味を購入してきたのですが今回で3回目となります。

◆1回目:2023年09月07日(みそ味)


◆2回目:2023年09月19日(しお味)


そして3回目に登場するのはこちらで~す。
01
「喜多方担々麺」。今気が付いたんですけど「喜多方ラーメン」ではないんですね(笑) 「喜多方担々麵」というジャンルがあるのかちょっと調べてみたんですが、喜多方市にある「ほまれ食堂」さんというところでは、担々麺が有名で名物となっているんですって。これは本物も是非食べてみたいところではありますが、今日はインスタント袋麵で喜多方担々麺を初体験したいと思います。

パッケージの中身がこちら
02
tokuchan大好き五十嵐製麺の乾麺+液体の担々麺スープ。

作り方を見てみましょう・・・。
03
麺は他のシリーズと同じ麺なので茹で時間は5~6分となっています。

おっ?
04
ふむふむ。ネギ、炒めた挽き肉、ゆでた野菜、わかめ等を添えると一層美味しくなるらしいです。

自称インスタント袋麵評論家のtokuchanが準備した材料はこちらです。
05
挽き肉、ネギ、モヤシ、水菜。挽き肉とネギ、モヤシは一緒に炒めたいと思います。水菜は最後にトッピングとして使おうかなと。

麺の茹で上がりに合わせて、予めお湯につけて温めておいた液体スープを器に入れ、熱湯を注ぎました。
06

07

茹で上がった麺を入れ、炒めた具材を合わせ、水菜を載せて完成で~す。
08
おっ、なんか良い感じじゃね?(笑)

それでは、いっただきま~す!!
09
毎回同じコメントで申し訳ありません。やっぱりこの麺は最高っす(笑) そして味噌にも塩にも担々麺にもバッチリ合うなんて、凄くないですか?

それから麺はもちろんいいんですけど、この担々麺のスープがまた素晴らしい。ゴマの風味、ラー油の辛味がしっかりしていてとても美味しい。どちらかというとアッサリ系の担々麺という感じ。
10
これまで色々なインスタント袋麵メーカーの担々麺を食してた自称インスタント袋麵評論家のtokuchanですが、個人的にはコレが一番かも。いやぁ、ホントまいったなこれ(笑)

ということで今回も一気に完食。
11
スープも全て飲み干しちゃいました(笑)

( ´ー`)フゥー... 美味しかった。
冒頭にも書きましたが、喜多方市「ほまれ食堂」さんの担々麺を一層食べてみたくなったtokuchanでした。ごちそうさまでした🙏

【本日のオマケ】
秋のお彼岸に入りました。
昨日21日は、雨が降ったり止んだりと生憎のお天気でしたが、その合間を縫ってお墓のお掃除&お参りに行ってきました。
ohaka01
お盆の時に綺麗に刈り取った草が、また生い茂っていました🤣 草刈り用の鎌を持参していかなかったので、手でむしり取りました(笑)
ohaka02
彼岸の中日頃にまた来ます(笑)

本日も最後までご覧いただきありがとうございました🙇
「👏拍手ボタン」と合わせて下記のバナーもクリックして頂けると嬉しいです。
とても励みになります。
◆にほんブログ村⇒ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ いきいきオヤジへ

◆人気ブログランキング⇒ 
 

本日のきつねくぼ亭は、7月末に喜多方市にある「道の駅 喜多の郷」で購入した五十嵐製麺の「喜多方ラーメン」です。4種類の味を購入し、先日「みそ味」を掲載したのですが、今回は「しお味」をご紹介したいと思います。

「五十嵐製麺 喜多方ラーメン(みそ味)」の記事はこちらです。
↓↓↓
◆2023年09月07日


それでは作っていきたいと思います。
001

このシリーズではどれも同じ乾麺を使っているみたいですね。茹で時間は前回同様5~6分となっています。
002

ほらね、やっぱり同じだ!
003

こちらが「しお味」の液体スープ。
004

作り方には「液体スープは予めお湯で温めておく」と書いてありましたので・・・
005
しっかり温めております(笑)

麺が茹で上がるのに合わせて、器に温めた液体スープを入れ、熱湯を注ぎます。
006
これに、5~6分茹でてしっかり湯切りした麺を入れトッピングをすれば完成です。

ということで、こちらが出来上がりの図。
007
今回はトッピングをシンプルにしてみました。「ネギ」と「チャーシュー」のみ。実はコレ、大好きな「丸信ラーメン」のチャーシューメンを意識して作ってみたんです(笑)
008

↓↓↓こちらが「丸信ラーメン」のチャーシューメンです。
marusin5
あんま似てないかな(笑)そしてごめんなさい。メンマの在庫切らしてました(笑)

さっそっくいっただきま~す!!
009
あぁ旨っ。うんうん、メンマが無くても十分美味しい(笑) やっぱりこの麺が秀逸だなぁ~。

丸信ラーメンで食べるときと同じように、ニンニク、辛し、コショウで味変を楽しみながら頂きました。
011

で、あっという間にコレですわ(笑)
012

今回の「喜多方ラーメン(しお味)」も、とても美味しかったです。五十嵐製麺さすがじゃ!(笑) ごちそうさまでした🙏

【本日のオマケ】
📸2023.0918
ハナデカ(花刑事)パトロールで「秋の味覚」発見しました。
007
あれれ? 逆光で見えにくいですね🤣

ズームアップで撮った写真がこちらです。
008
そうです。「アケビ(木通)」です。こんなにたわわに実ってました。今年は異常に暑かったせいか、大きくなるのが例年より早いような気がします。ただし、食べごろまでにはもう少しかかりそうですね。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました🙇
「👏拍手ボタン」と合わせて下記のバナーもクリックして頂けると嬉しいです。
とても励みになります。
◆にほんブログ村⇒ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ いきいきオヤジへ

◆人気ブログランキング⇒ 
 

自家製「孤tokuの味噌」の完成に合わせるように、弟が自ら栽培した今年の新米を持ってきてくれました。
001
「天のつぶ」という品種だそうです。

ということでその翌日は早起きして、とびっきり旨い朝食作りにチャレンジしてみました。

まずは新米を孤tokuのシェフ愛用の土鍋で炊こうかなと。
研いだお米と適量の水を土鍋に入れ、30分くらい吸水させます。
002

その後、ガスコンロの中火で10くらい炊きます。
003

ブクブクと泡が上がってきて、蓋についているホイッスルが「♪ピィー」っとなったら、そこからそのまま1~2分加熱。
004
後は火を止めて15~20分くらい蒸らせば『至高のご飯』の出来上がりです(笑)

蒸らしている間に「孤tokuの味噌」を使って「究極の味噌汁」を作りたいと思います(笑)

実は出来るスーパーシェフのtokuchan、この味噌汁用にということで、昨夜昆布と鰹節で出汁をとっておいたのでありました。
005

こちらがその黄金の出汁です(笑)
006
味噌汁の具材は、ナス、チクワ、豆腐、ネギにしてみました。出来上がりの写真は後ほど(笑)

次におかずのプレートを作りました。
007
ふふふ。冷蔵庫の残り物を上手に利用した、人呼んで「SDGsワンプレート」です(笑)

さて、ご飯の蒸らしが終了しました。果たしてどんな感じでしょうか・・・
008
わぉ~!! とても美味しそうに炊けています。

お米がツヤッツヤで立っています。
009

010

そして完成した味噌汁の方がこちらです。
011
これもまた、いい味噌の香りがたまりませんわ。

それではさっそくいっただきま~す!!
013
『究極の味噌汁』と『至高の新米炊き立てご飯』です。

おかずとして「納豆」も追加してしまいました(笑)
012

いやぁ~、スーパー爺ちゃんも大満足の最高の朝ご飯となりました。見た目というか色合いがちょっと映えませんでしたが、味は「五つ星旅館」の朝食にも勝るとも劣らないと思います。五つ星旅館に泊まったことないけど(笑)

こうして美味しい朝ごはんをいただくと、今日一日がんばるぞみたいなヤル気がでますね。
よ~し、今日はこれから天気も良くなるみたいだし掃除、洗濯、ハナデカパトロール、がんばるぞぉ~!!!(笑)

本日も最後までご覧いただきありがとうございました🙇
「👏拍手ボタン」と合わせて下記のバナーもクリックして頂けると嬉しいです。
とても励みになります。
◆にほんブログ村⇒ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ いきいきオヤジへ

◆人気ブログランキング⇒ 
 

↑このページのトップヘ