🔹ご訪問いただきありがとうございます🙇
🔹ご覧いただいた後に、「👏拍手ボタン」を押していただけたら嬉しいです。

「とくキャン△ SEASON6 福島県制覇の旅」の模様をお送りしている“きのきつ”です。
※きのきつ=「昨日、きつねくぼで。」の略です(笑)


1泊2日で巡っている「とくキャン△ SEASON6 福島県制覇の旅」の第2弾、本日からは6月12日の模様となります。

「猪苗代町役場」に到着後、車中泊をするために訪れたのが「道の駅 猪苗代」。予約していたRVサイトで、キンキンの瓶ビールを堪能(笑)。とても快適な一夜を過ごすことができました。

前日は19:00頃にはバタンキューだったので、今朝はとっても早起きなtokuchan。なんと4:30に起床です(笑)
001

身支度を整えて、5:00に「道の駅 猪苗代」を出発です。
002
お世話になりました。

で、ここから「凄腕市町村役場ハンターのtokuchan」はどこへ向かうと思いますか?

ふんふん。そうですよね。今いるのは猪苗代町ですから会津地区をやっつけに行くと思いますよね。
しか~し!! 私はここからなんと「福島市役所」へ引き返すのじゃ~!!(笑)

えぇ~なんで? と思いますよね。実は第2弾の出発前に、入念な旅のシミュレーションをした結果これが一番いいかなという結論に至ったのです。このルートを選択することで「福島県制覇の旅」は、次回第3弾の1泊2日で、めでたく終了する予定なのです。※でも予定はあくまでも予定です(笑)

ということで、昨日来た道を引き返すことになるのですが、せっかくですので「磐梯吾妻スカイライン」を経由して行くルートにしました。
020
磐梯吾妻スカイラインと浄土平は何度も訪れていますが、早朝なので車も少なくて走りやすいかなと。

予想通りガラガラの「磐梯吾妻スカイライン」を爆走です(笑)
でも、この道路は何度走ってもいいですね。絶景スポットが満載です。
003

004

005

こちらは逆光になってしまいましたね(笑)
006

007

そして6:00前には「浄土平」に到着しました。008

足を怪我する前は、ここに来ると必ず登っていた「吾妻小富士」ですが・・・
010

011
悲しいかな、今の私の足では登ることはできても時間がかかりすぎちゃいます。

さて、ここからは福島市まで下り坂です。
012

013

絶景ポイントの中でも、私が一番好きなのはこの「つばくろ谷」。
014

015
本当はあの橋まで歩いて行って、橋の上からみる景色が最高なんですけどね。(橋の上は車の駐停車が厳禁となっています。)今日は時間がないので展望台から眺めて終わりにします。

ということで磐梯吾妻スカイライン経由の「福島市役所」到着で~す。
016
時間はちょうど7:00頃でした。
017
福島市の木は「ケヤキ」。

なので、玄関前にはど~んと「ケヤキ」の木が立っていました。
018

その玄関前でいつもの自撮りをパシャっとな。
019-2

さて、ここから次は・・・ 会津若松市へ移動しようかな(笑)

ここまでの軌跡です。
↓↓↓
021

この続きはまた明日ということで(笑)

【本日のオマケ】
本日も「きつねくぼ情報」を少々(笑)
植林作業が行われている送電線工事用の足場を敷設した跡地。
順調に進んでいるみたいです。
301

302

これは桜の苗木です。
303
一本一本丁寧に、添え木をあてられて植林されています。

数年後、ここ一面は桜が咲き誇る里山になる予定です。
304

そしてこちら側の方にはブナなどの広葉樹が生い茂ることでしょう。
305
秋の紅葉が楽しみになりますね。
植林された木々が、なんとかしっかり根付いてくれることを願うばかりです。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました🙇
「👏拍手ボタン」と合わせて下記のバナーもクリックして頂けると嬉しいです。
とても励みになります。
◆人気ブログランキング⇒ 

◆にほんブログ村⇒ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ いきいきオヤジへ

「とくキャン△ SEASON6 福島県制覇の旅」の模様をお送りしている“きのきつ”です。
※きのきつ=「昨日、きつねくぼで。」の略です(笑)


昨日に引き続き6月11日の模様をお送りします。

二本松市役所から耶麻郡猪苗代町役場へ向かう途中に、中ノ沢温泉の磐梯西村屋さんに立ち寄り最高の露天風呂を満喫、そして無事「猪苗代町役場」に到着。
時間はまだ13:30です。少し早いのですが、ここから本日の車中泊をする場所へ向かいます。

そして、あっという間に到着してしまいました。
027

猪苗代町役場から車で約5分のところにある「道の駅猪苗代」さんです(笑)
001
この道の駅は、これまで何度も訪れているところです。
002

磐梯山の見える素敵なロケーション。
003

今回、なぜここを車中泊場所に選んだのかというと・・・
↓↓↓コレです。
004
この道の駅にも「RVパーク」があったからなのです。前回、南会津町の「道の駅 きらら289」さんで利用させていただいたときに、とても快適だったものですから、今回も「RVパーク」を利用させていただこうかなと予約しておりました。料金は1泊「2,700円」でした。この道の駅は一般の駐車場でも問題なく泊まれるんですが、まぁ、気を使うこともないし、電源が使い放題だし、RVパーク利用者専用の水場が使えるし、ゴミの処理はしてもらえるしと、利用料2,700円は決して高くはないかなと。今回は一人での利用でしたが、家族などで利用すればもっとお得感あると思います。

受付を済ませるとこちらの鍵が入ったバックが渡されました。
005
電源BOXを利用するときに開ける鍵と、水場の水道を利用するときに使う蛇口のハンドルです。帰るときは、回収BOXなるものにバッグを返却すればいいので、翌朝は早朝からでも出発可能です。今回その写真を撮るのを忘れたのですが「水場が自由に使える」というのが超便利で最高でした。実は、道の駅のトイレなどにある洗面所はセンサー式の蛇口のところがほとんどなので、水を出しっぱなしにしたり、溜めたりができないんですよね。なので顔を洗ったりするときに案外不便なんです。でも、ここのRVパーク利用者専用の水場はそんなことはありません。たっぷりと水が使えるので洗い物も出来るし、洗面も楽々です。

ということで、さっそくセッティング開始です。
005-2
電源の延長コードはちゃんと持参してました(^^)v
006
割り当てられた枠内であれば、テーブルや椅子の使用もOKです。

ふふふ。そして今日は秘密兵器の「IHクッキングヒーター」を持参してきたtokuchanです。
007

それではさっそく始めますか(笑)
まずはコレから・・・
じゃ~ん。取り出しましたるは何と
「瓶ビール!!」(笑)
それも「大瓶」です。
010
BS-TBSでやってる「町中華で飲ろうぜ」の玉ちゃん(玉袋筋太郎)がおっしゃるには「633は大人の義務教育」とな(笑)
せっかくゴミの処理をしていただけるのですから、ここは「缶」じゃなくて「瓶」でしょ。私も大人ですから(笑)

ということで、ここへくる途中に立ち寄った「ヨークベニマル本宮インター店」で、おつまみといっしょに購入して、きつねくぼ1号の冷蔵庫でキンキンに冷やしておいたのです(笑)
009
そして、グラスは自宅から持参したのですが、もちろんそれも冷蔵庫に入れてきました(笑)

さぁ、真昼間から道の駅の駐車場(RVパーク)で、キンキンに冷えた瓶ビールやっちゃいますよぉ~!!
011

まずは「磐梯山にカンパーイ!!」
012
ゴクゴク・・・。プファ~!! うめぇ~、うますぎるぞぉ~!!(笑)

続いては「猪苗代湖にカンパーイ!!」
013
ふぅ~、至福ですわ(笑)

さてと、おつまみ作ろうっと。
014

フライパンで焼くだけのヤ〜ツ。
015
でも、これがうまいのよ(笑)

瓶ビールの次は缶チューハイを飲みましょう。
016
もちろん氷も抜かり無〜し(^^)v

またまたおつまみ焼きましょう(笑)
017

018
しかし、このIHはいいね。結構な風が吹いているのですが、しっかり調理できます。ガスだったらこうはいかないな。
019
これも美味しいなぁ。

で、こんな景色を眺めながら飲んで、食べていたらすぐに無くなってしまいました(笑)
020

でも、大丈夫。そう、ここは道の駅じゃ。無くなったら買ってくればいいじゃんか(笑)
021

地元猪苗代町で作られているお酒「稲川」と、その蔵元で作られている「地酒漬」なるものを購入。
022
くわぁ~、これまた美味しいわぁ。「地酒漬」は干した大根が漬けられているみたいなんですが、たくあんとは違う食感と美味しさでした。

ふぅ~、楽しませていただきました。
時間はまだ19:00前ですが、明日も早朝から行動する予定なので、この辺で車内へ入ります。
023

で、その車内でやることといえば・・・
そうです、もちろん「アニメ鑑賞」ですわ(笑)
024
今回もまた『ワンルーム、日当たり普通、天使つき。』の最新話を。この日のために視聴を我慢してました(笑) 
025
あぁ~、やっぱり「とわ」ちゃんは可愛い(笑)
今夜も良い夢が見れそうです。
026
お休みなさい・・・。

ということで1日目(6月11日)の内容はこれで終了です。
明日は早起きして、残りの市町村役場を巡っていきたいと思います。
果たしてtokuchanは、ここ猪苗代からどの方面に向かうのでしょうか。
それは明日のお楽しみということで(笑)

本日も最後までご覧いただきありがとうございました🙇
「👏拍手ボタン」と合わせて下記のバナーもクリックして頂けると嬉しいです。
とても励みになります。
◆人気ブログランキング⇒ 

◆にほんブログ村⇒ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ いきいきオヤジへ

 

「とくキャン△ SEASON6 福島県制覇の旅」の模様をお送りしている“きのきつ”です。
※きのきつ=「昨日、きつねくぼで。」の略です(笑)


昨日に引き続き6月11日の模様をお送りします。

福島県内にある全59の市町村役場を訪れるということを目指している「凄腕市町村役場ハンターのtokuchan」なのですが(笑) 二本松市役所で、ついに半分の30か所目を達成しました。続いて向かっているのは耶麻郡猪苗代町役場です。

その途中「道の駅つちゆ」さんに立ち寄り、空腹に負けて本当に涙が出るような昼食をとりました(笑)

時間はいま6月11日(火)の12:00です。
実は、ここから猪苗代町役場へ行く途中に、寄っていきたいところがあるのでありました。
ただ市町村役場を巡るだけだとつまらないので、ちょっとだけ「とくキャン△」的なものを入れてみようかなと(笑)

立ち寄ったのはこちらです。
101
中ノ沢温泉の「磐梯 西村屋」さん。事前にリサーチしたところによると、ここの日帰り温泉入浴がすこぶる評判が良かったのです。温泉好きとしては入らねばなるまい(笑)

12:30頃に到着しました。
001
建物自体はちょっと古さを感じます。
002
旅館としてはかなりの数の客室があるように見えるのですが、活気は感じられないかな(笑) 平日だったからかもしれませんね。

入浴料は700円でした。露天風呂と内風呂の場所は離れているとのこと。両方へ入浴できるのですが、移動するときはきちんと服を着なければなりません(笑) めんどくさいけどしかたないですよね。

そして年季の入った(笑)薄暗い廊下を通ってまずは露天風呂へ・・・。
003

わぉ~、まさに森の中にあるお風呂ですね。これはちょっと期待できるかも。
004

中に入って見入ると・・・
005
キャー! 最高やん!! 白濁のお湯に、この緑の風景、そして青い空。それからなんといっても他のお客さんがいません(笑) イェーイ!! 貸し切り、貸し切り~!!
ということで写真を撮らせていただきました。

( ´ー`)フゥー... とってもいいお湯ですわ♨
006
気持ちよかぁ~。もう、出たくないですぅ(笑)

せっかくなので、いったん服を着て移動し内風呂へも入ってみました。
007
こちらもなんともレトロで趣のあるお風呂でした。泉質は露天風呂と同じですね。

露天と内風呂をじっくり堪能出来ての700円は、リーズナブルに思えました。そしてとても温まる温泉でしたね。上がってからも、しばらくは汗がじんわりと。湯治するには最高の場所じゃないでしょうか。

さ、素敵な温泉に入ってリフレッシュできましたので、最初の目的地である猪苗代町役場を目指します。
102

13:30頃に到着しました。
008
あれ? 入口はどこだ?

あっ、こっち側なのか。
009

おやっ! あれって、もしや・・・
010
そうです、猪苗代町役場は今から約3年くらい前にひろちゃんと二人でお蕎麦を食べに寄ったことがある「ラ・ネージュ」さんのお向かいでした(笑) なんだぁ、そうだったのか。(今日は定休日みたいでした。)

その時のブログ記事はこちら
↓↓↓
◆2021年06月24日


さてさて、自撮りも忘れずにパシャっとな。
011-2

はい、これで本日6月11日に巡る予定だった市町村役場はおしまいです。

時間は少し早いですが、これから今夜車中泊する場所へ移動します。
車中泊の場所でも、ちょっとだけ「とくキャン△」的なものを入れてみました。
果たしてどこで、何をしたのでしょうか・・・
それは明日のお楽しみということで(笑)

ここまでの軌跡です。
↓↓↓
103


【本日のオマケ】
きつねくぼの話題も少し入れておきますね(笑)

先日「きれいなバラが咲きそうだ」というその蕾を掲載したのですが・・・

📸2024.06.14
ほらね。
201
こんなにステキに咲きました。

一輪だけいただいて仏壇用の花として使わせてもらいました。
202
今回もいい感じの生け具合じゃないでしょうか。

以上、自己満足家のtokuchanでした(笑)

本日も最後までご覧いただきありがとうございました🙇
「👏拍手ボタン」と合わせて下記のバナーもクリックして頂けると嬉しいです。
とても励みになります。
◆人気ブログランキング⇒ 

◆にほんブログ村⇒ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ いきいきオヤジへ

 

↑このページのトップヘ